ぬまスプリントLabo

新卒100mスプリンターが覇者を目指す日記

【短距離走】「ストライドが広い」を勘違いしてはいけない | 「ピッチ×ストライド=スピード」の式

速く走るには究極2つの要素しかない!

・回転(ピッチ)を速くすること

・ストライドを広くすること

 

よく聞く話です。本日は後者のストライドについて考えます。

f:id:nummerorange:20210205001359p:plain


結論、ストライドって無理やり伸ばそうとすると失敗するんじゃね?って話です。

 

ストライドを伸ばす時、「大股で走れば良いのね!」と解釈すると、非常に危険です。

・必死にストレッチして歩幅広くしようとする(僕です)

・日常的に大股で歩いて矯正(僕です) 

 それは走るときのストライドと、やや話が異なります。

 

走る時のストライドは、何をもって計算しているか。

それは距離に対する歩数です。つまり、「股が何cm開くか」というのは若干話がズレています。

 

柔軟性や足の長さを無視した時、距離に対する歩数が少ないの特徴は

1"歩"というより、1"キック"で進む距離が大きい。キック力(ジャンプ力)の要素が大きいんじゃないかと。

 

そこでこちらの動画を参照してみました。

 

www.youtube.com

 

サムネイルにある通り、こちらの選手は身長に対して歩数が45歩弱(100m)というすさまじいストライドです!走り方は一目見れば分かる通り、バウンディングのような走りをします。つまり、1歩でめっちゃ飛んでるんですよ。というわけで、足の長さとかあんまり関係ないんです。

 

さらに言うと、バウンディング走法ではないにせよ、スピードが速ければ自然と1歩で進む距離も大きくなりますよね。結局はスピードなんです。

 

ストライドが先かスピードが先か。そんな途方もない議論を一言で表した式が

「スピード=ピッチ×ストライド」

 ではないでしょうか。

 

 

以上をふまえて、僕はストライドを伸ばそうと意識することはおすすめしません。

ストライドは結果的に伸びるもの。もちろん、バウンディング走法など走り方の手法を試してみること自体は良いと思います。

 

それでは!

 

トレーニングとか考察ぼやきます。 

応援クリックお願いします!
にほんブログ村 その他スポーツブログ 陸上競技へ

にほんブログ村