ぬまスプリントLabo

新卒100mスプリンターが覇者を目指す日記

つま先(母指球)接地があまりオススメできない理由

僕は中学時代から、なんとなくつま先接地で走っていました。

 

母指球で接地して走ると速い

なんて、どこから聞いたかも忘れた話を鵜呑みにして。

 

高校時代も変わらずつま先接地。

通学時もつま先立ちでトレーニングするなんていう恥ずかしいことをしていました笑

 

でもね、勝てないんですよ。

どんなに頑張って走っても走っても、滑らかに走っていく人たちには歯が立たない。

 

それでも自分では気づかない。

つま先接地がブレーキだと言うことに。

 

挙句に大学入学当時は、つま先接地をひたすらに極めていました。

こんな本が目についたんです。

 

僕は、あることを意識せずにつま先力をトレーニングした結果、ふくらはぎだけ強化して走りました。

 

やがて記録が11秒1台から硬直し、いよいよ接地を見直しはじめました。

ブレーキを逐一かけるような走り方に、やっと違和感を感じたんです。

  

なぜつま先はダメなのか。

 

ポイントは足首です!!

 

意外とスルーされがちな話ですが、足首の角度は90度に近い状態をキープすることが重要です。

rikujo.taiiku.tsukuba.ac.jp

 

プロ選手の多くは足首の角度をあまり変動せずに走っています。

そうすることで、足首による地面反力の緩和が起きないのです!

 

逆に足首を曲げるような走りをしていると、せっかくキックして得た地面反力を、足首の角度を変えることで打ち消してしまいます。

本来は体の中心部まで到達すべき力が弱まるのです!

 

本題に戻りましょう。なぜ僕がつま先接地をおすすめしないのか。

つま先接地は、足首の角度を変動させやすい接地だからです!!

f:id:nummerorange:20200524220121p:plain


 

つま先接地を意識している方は、走っている時の自分の足首、ちゃんと90°に固定できていますか??

きっと難しいと思います。

 

それは腱が強くないといけないからです。

腱が固ければ(強ければ)、足首の角度キープをしやすいので、どこで接地しようが90度を維持することは可能です。

 

しかし、日本人で腱が強い人ってそう多くはないと思います。

僕は腱クソザコです笑。

 

だからこそ、フラット接地がおすすめなんです!!!

 

www.numasprint.com

 

足裏をべったり地面につける必要はありません。

ただ、足裏全体でつく意識だけはしてください。そうすれば足首の角度が90°のまま地面をキックできます。

そうすれば、実際は足の前の方で接地しても問題ありません。

 

もうバカみたいにつま先立ちして足首鍛えるのはやめましょう。

使うべきはふくらはぎなどの末端筋肉、小さい筋肉ではなく、体の中心部の大きく強い筋肉です。 

 

 

限定情報・ご質問はLINEから!

友だち追加

全速力でつぶやいてます!!! 

応援クリックお願いします♪

にほんブログ村 その他スポーツブログ 陸上競技へ
にほんブログ村