ぬまスプリントLabo

新卒100mスプリンターが覇者を目指す日記

100m走は前半と後半で走り方を決めると走りやすい

足が速くなるには、自分のスタイルをよく知ることが大事です。

そのスタイルを生かす戦略を練って各々がレースに臨みます。

 

伸び悩む人に多いのが、多くのことを実現しようとしています。

練習の時に多くの課題を解決しようとして、パンクしているんです。

 

仮に練習はそれで上手くいったとしましょう。

でも、試合中にまでたくさん意識を張り巡らせるのはNGです!!!

 

癖づけるために意識して走るのは練習

いつもの自分をリラックスして引き出すのが試合

 

ただでさえ緊張する試合で、更に動作のあちこちに意識をしていたら、体は無駄に力んでしまいます!

 

そこで提案したいのが、前半・後半で意識を大きく分けることです。

f:id:nummerorange:20200516014940j:plain

前半後半というのは距離で分けても良いですが、加速区間と失速区間に分けると考えて大丈夫です。

 

僕は100m走ばかりやっていますが、他の短距離走でもこれは当てはまると思います。

別記事では、戦略は一度に一つ取ることをおすすめしております。
www.numasprint.com

前半に一つの意識・後半に一つの意識をすれば問題なく2つの技術を習得できます!

 

僕は100m11秒台から10秒台に変化した時、試合中は以下のような意識をしていました。

 

前半

・接地時間を長く取り、丁寧に地面を押す。

後半

 

・足の回転スピードを上げようとしない。維持する。

 

練習ではもっと具体的に、腰の回し方や接地の重点の置き方などなど刷り込ませます。

試合で意識するのは、この程度です。

特に体がこわばるようなものではない範囲で、意識します。

むしろ力を抜く意識をしているものが大半です。

 

 

難しく頭で考えすぎると、感覚を見失います。

 

限定情報・ご質問はLINEから!

友だち追加

全速力でつぶやいてます!!! 

応援クリックお願いします♪

にほんブログ村 その他スポーツブログ 陸上競技へ
にほんブログ村