ぬまスプリントLabo

新卒100mスプリンターが覇者を目指す日記

短距離はパー、長距離はグー!?手のひらとパワーの関係

大会が再び始まる日に向けて、新しいスタイルを練習中です。

今回はそれにちょっと関係したお話。

 

みなさん!外出自粛中に差が出ますよ!!

 

 

目次

 

前置き「ふと」

走りの調子が悪い時、原因を探ってみると、何気ない動作がいつもと少し違ったりします。

まだまだ意識が刷り込まれていない証拠ですね(笑)

 

僕の場合、そんなよくある違いが指先だったりします。

 

f:id:nummerorange:20200414152823j:plain

 

・・・なんじゃそりゃ!!?

 

そう疑問に思うのも当然ですが、待ってください笑。

一見どうでも良いようで良くないのが手のひらです!!!

じゃ、いってみよう!

 

 

パーとグーを使いこなす

f:id:nummerorange:20200414162424p:plain

 

手のひらの話、実はあんまり僕は好きではないんです笑

というのも、体の末端に意識を向けすぎる動きって危険だからです。

 

最も力を引き出せるのは体の中心とその周辺なんです!

だから体幹をひねったりする技術が存在するわけで・・・

っていうのはまた別の記事で語ります笑

 

さて、タイトル通り、手の形が走りの出力と大きく関係しているというお話です!

 

短距離走において、皆さんはどんな手の形をして腕振りしてますか??

「パー!」

「グーに決まっちょるやろが!」

「優しいグー」

「T-1000みたいな指そろえて広げた感じ」

などなど。人によって様々だと思います。

 

ちなみに僕は元々「優しく卵を持つ感じ」でグーにしてました。

そのスタイルだと脱力がしやすいので、10秒台には問題なく入れます。

 

ただし、パワフルな走りをするにはグーは相性が悪いです! 

 

そう! 

簡単に言うと、パーの時が出力大グーの時が出力小となります。

 

良い例がバン・ニーキルク選手。400m走の世界記録を叩き出した男です。

彼は、加速区間はパースピードに乗ってきたらグーにして、楽にスピード維持というスタイルであることがわかります。

 

ちなみに、100m選手はパー、400m以上の距離の選手はグーが多いとか。

これは身近な選手を観察したら一目瞭然です。

 

100mは体力など気にしないフルスロットルなので、パーが多い。

400m〜長距離ともなると、体力の維持はとても大事。無駄な腕振りを抑え、手のひらもグーになりやすい。

 

この当たり前の事実を聞いて、どうするか。

そう迷った結果、混ぜてみることにしました!

 

現在。

僕はバン・ニーキルク選手の真似で、パーとグーのハイブリット型です!

 

僕は10秒9台で停滞したとき、この手のひら理論を取り入れて10秒8、そして7にいくことができました!

手のひらだけが決め手ではありません)

 

グーとパーの使い所

 

では実際にどのように活用するのがおすすめなのか。

それは100mのどの場面に力を入れるかによって変わってきます。

 

例えば前半型の僕の場合、スタートからゴールにかけて、だんだんと腕振りは小さくする意識です。(もちろんスピードに乗っている後半は勢いで大きく見えます。)

腕振りを大きく、体を捻るようにして最初は加速します。

この時、指をまっすぐ伸ばしたパーです!

 

そしてスピードに乗って上半身が立ち上がる中盤。

小指から順番に指を閉じていきます

いきなりグーに変えると走りのリズムが乱れるため、こうようにしています。

 

そのまま最後は柔らかいグーにして、素早く・小さく腕を振る意識です。

後半は減速区間のため、パーにしてもあまり効果はないんじゃないかと考えています。

 

以上が僕の作戦です。

 

 

グーとパーにも多種類ある

パーの中にもいろいろありまして、指をピンと伸ばすか否かでも変わってきます。

僕はピンと伸ばさないとハマりませんでした笑

パーとグーを使いこなすことが、腕振り、そして出力調整をマスターすることにつながるかもしれません!!

 

指をどのように閉じるか/または伸ばすかなどなど、その場で腕を振りながら試してみてください。

  

限定情報・ご質問はLINEから!

友だち追加

全速力でつぶやいてます!!! 

応援クリックお願いします♪

にほんブログ村 その他スポーツブログ 陸上競技へ
にほんブログ村